9月11日(水) 11:30~13:00

NP-01自動車産業革命前夜
~モビリティもデジタルでないと生き残れない~

講演要旨

自動車が誕生して140年余り。これまで順調に成長してきた自動車産業が2018年より変調をきたしています。要因として、米中貿易摩擦もありますが、それより大きな潮流は「所有から利用へ」というように、クルマに対する考え方が変わっていることにあります。

講 師

和田 憲一郎
(株) 日本電動化研究所
代表取締役

プロフィール

1989年に三菱自動車に入社後、2005年に新世代電気自動車の開発責任者に任命され「i-MiEV(アイ・ミーブ)」の開発に着手。開発プロジェクトが正式発足と同時に、MiEV商品開発プロジェクトのプロジェクト・マネージャーに就任。2009年にi-MiEV発売後、本社にてEV充電インフラビジネスを牽引。2013年3月退社。その後、株式会社 日本電動化研究所を設立し、現職。

新聞・メディアに数多くコラムを寄稿しており、サンケイビジネスアイ「マネジメント新時代」、MONOist「和田憲一郎の電動化新時代!」、スマートジャパン「和田憲一郎が語るエネルギーの近未来」などを連載中。
「一般社団法人 自動車100年塾」代表理事も務める。
著書に『成功する新商品開発プロジェクトのすすめ方』(同文舘出版)がある。