9月29日(木) 13:00~13:45

SA-06本格的に始まったICT土工への衛星測位技術の活用
 ~i-Constructionがもたらす建設分野のイノベーション~

講演要旨

2016年4月からスタートしたICT土工。今年度中に国土交通省発注工事として400件以上の工事で適用されることが決まっている。本講演では、現在実施されている「i-Construction」の現状とこれらが今後もたらすイノベーションの行方、さらにはどんな未来が待ちうけているのかを、実例をもとに紹介していく。

講 師

杉浦 伸哉
(株)大林組
土木本部
本部長室
情報技術推進課長

プロフィール

大林組の国内外における土木事業全体を総括する「土木本部長室」にあって、施工現場の生産性向上に向けたICT活用を方向づけるとともに、生産性向上を実施するためのツールとしてICT等を効率的に進める部署である「情報技術推進課」の責任者として活動中。
CIMやi-Constructionの実施における大林組の責任者として、社内のみならず、社外活動にも積極的に参画している。