9月30日(金) 11:30~12:15

NP-17【新素材・プラスチック】東北電子産業
高分子の極初期の酸化劣化を捉える高感度微弱発光測定について

講演要旨

高分子材料は酸化劣化する過程で非常に微弱な光を発する。この微弱発光を検出することで従来法では難しかった極初期の酸化劣化を捉えることができる。材料の受入検査や開発時間の短縮、安定剤の検討など、様々な応用例について述べる。

講 師

山田 理恵
東北電子産業(株)
代表取締役社長

プロフィール

宮城県仙台市出身。東北大学農学部卒業後、日本分光株式会社に入社。その後、JST戦略的創造研究推進事業(ERATO)の 稲場生物フォトンプロジェクト研究員を経て、東北電子産業株式会社入社。2000年に東北大学より農学博士号授与。2008年に創業者であり父の前社長佐伯昭雄より社長を引き継いだ。専門は「極微弱化学発光分析による極初期酸化劣化計測」。