9月30日(水) 15:00 - 16:30

EV-02【パネルディスカッション】
次世代自動車のさらなる普及に向けた各社の取り組みと将来展望

講演要旨

国内外自動車メーカー各社が取り組んでいるEV・PHV・FCVに関する最新の技術を紹介するとともに,今後の本格的な普及に向けた戦略と課題を技術面と政策面からディスカッションし,将来のモビリティ手段としてのあり方を展望する。

コーディネーター

大聖 泰弘 氏
早稲田大学
理工学術院
教授

プロフィール

早稲田大学理工学術院教授、大学院環境・エネルギー研究科長、環境総合研究センター所長、創造理工学部総合機械工学科
■1976年早稲田大学大学院理工学研究科博士課程を終え、専任講師、
 助教授を経て1985年より同大学理工学部教授。現在、同大学理工
 学術院教授、同大次世代自動車研究機構長。
■研究分野
・エンジンの燃焼、排気浄化、高効率化,新燃料の利用技術
・電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車の製作と性能評価
・企業60社と学内外の研究者とともに早大モビリティ研究会を組織し、
 次世代自動車の技術課題やクルマ社会のあり方について研究
■学会関係
・自動車技術会副会長(2004年5月~2006年5月)
・日本機械学会 エンジンシステム部門・部門長(2004年度)
・国際自動車学会連盟(FISITA)副会長(2008年~2012年)
・日本機械学会および自動車技術会フェロー
■公的委員
・環境省中央環境審議会委員
・国土交通省交通政策審議・社会資本政策審議会委員
・経済産業省総合資源エネルギー調査会委員
・その他,自動車の環境・エネルギーに関連する委員会の委員,委員長等
■近 書(共著を含む)
・「展望次世代自動車 -実用化と普及拡大に向けて-」化学工業日報社、
 2011年
・「次世代電池2010」日経BP社、2009年
・「クリーンディーゼル開発の要素技術動向」NTS,2008年
・「バイオエタノール最前線」工業調査会,2008年改訂
・「機械学会便覧応用システム編γ4内燃機関」日本機械学会,2006年
・「高性能ハイブリッド自動車の研究」山海堂、2005年
・「自動車排出ナノ粒子およびDEPの測定と生体影響評価」NTS、2005年
・「燃料電池自動車のすべて」山海堂,2005年
・「自動車工学 -基礎-」自動車技術会,2002年
・「電気自動車ハンドブック」丸善,2001年3月
■最近の受賞等
・2003年 米国SAE-SETC最優秀論文賞
・2004年 環境大臣環境保全貢献賞
・2008年 日本機械学会記念事業功労表彰
・2008年 米国SAE-SETC最優秀論文賞
・2011年 日本機械学会エンジンシステム部門功績賞
・2011年 産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)
・2012年 (公益社団法人)自動車技術会名誉会員
・2012年 Recognition of Service Award 2012(FISITA)
・2012年 交通文化賞(国土交通大臣表彰)
・2014年 自動車技術会論文賞

パネリスト

圓山 博嗣 氏
日産自動車(株)
グローバル技術渉外部
担当部長

プロフィール

1979年に日産自動車(株)入社以来、エンジン開発に従事。米国での4年間の駐在を経て、パワートレイン開発、車両開発、品質監査に従事。2009年より現職のグローバル技術渉外を担当、EVEX実行委員にも就任。

パネリスト

山藤 靖之 氏
(株)本田技術研究所
四輪R&Dセンター 第5技術開発室
上席研究員

プロフィール

職歴

2015年5月 現職
2013年4月 スマートモビリティ開発室 室長
2011年4月 Accord Hybrid LPL
2009年4月 燃料電池開発部門 シニアマネージャー
2006年4月 Advanced Powertrain研究部門 シニアマネージャー
2002年6月 Advanced Powertrain研究部門 マネージャー
1997年6月 HONDA R&D Americas California駐在、ZEV&FCVプロモーション担当
1997年 主任研究員、電気自動車開発担当
1990年 研究員、エンジン過給システム研究担当
1982-1989年 様々なガソリンエンジンの開発業務に従事
1982年 (株)本田技術研究所 入社
パネリスト

百瀬 信夫 氏
三菱自動車工業(株)
電動車両事業本部
副本部長

パネリスト

ルッツ ロートハルト 氏
ビー・エム・ダブリュー(株)
デベロップメント・ジャパン
本部長

プロフィール

1991年ドイツのミュンヘン工科大学で工学学士号を取得。組み込みデバイス関連プロジェクトのコンサルタントとして4年にわたり従事したのち、1995年からはBMWジャパンの多岐にわたるR&D業務で管理職として勤務。2007年から同社ミュンヘン本社の電気電子自動車アーキテクチャ部門のジェネラル・マネージャーを務めた。2012年よりBMWジャパンR&D部門を統括している。

パネリスト

土肥 亜都子 氏
テスラモーターズ
広報